家づくりでゴキゲン!トップ > 上棟33日後の進捗状況

上棟33日後の進捗状況

上棟33日後の進捗状況

前回の上棟26日後から1週間経ったのちの進捗状況です。
前日の台風9号の影響が何か出ていないか?とドキドキものでしたが、何も問題ありませんでした。

この1週間の間に工事は着々と進み、階段が付いたり、外壁材らしきものが運び込まれたりしていました。


1階の和室の様子。
思っていたよりも窓の位置が低いです。子どもが身を乗り出して転落したりしないように気を付けないと・・・。
もうちょっと高さがない窓にしたほうがよかったかも。


階段と吹き抜けの様子。
想像以上に開放感があって驚きました。手摺は彫刻手摺が付きます。
左側に見える茶色い枠は勝手口ドアです。
勝手口をやめても返金がないので少々強引ですがココにつけました。
踊り場下の四角い空間は階段下収納です。
階段途中につく段窓にもちゃんと手が届きました〜!


防湿(透湿)シート。
台風の時にこのシートが破れるのでは?と心配していましたがそうそう破れるものではないそうです。
この一見たいしたことがなさそうなシートが壁材の構成において重要な役割を果たすのだそう。


外観全体。
台風に備えて、あえて外の防風シートを畳んで丸めたのだそうです。そのおかげではじめて建物全体を見ることができました。
晴れた日に見るとマットグリーンの瓦がけっこう明るい色に見えます。
バルコニー下の3つの掃き出し窓は、和室のものも高さを揃えたことでスッキリと見えます。


これは上棟12日後のページにも載せた屋根瓦の写真です。
この日は曇りだったためにかなり暗く見えました。上の写真と比べてもらうとまるで別モノですね〜。
※カメラは同じモノを使って、モードも同じで撮影しています。
※ただ撮影角度が違うので色の出方が違うということもあるかも。

今回のオオッ!はやはり階段がついたこと。吹き抜け部分と階段の位置関係・雰囲気がこれで素人のトンカツにもわかりました。

当初は吹き抜けは希望していなかったのですが、担当設計士さんのさりげない繰り返しの提案に“これはつけておいたほうがいいってことなのかなぁ???”とだんだんソノ気にになってつけることにしました。

建築が始まって階段の幅を見た時は“これは吹き抜けをやめて階段の幅を広げれば良かった?”と思ったこともありましたが、ここまで出来上がってきたのを見て“やっぱり吹き抜けにしておいてよかった!”と思いました。狭いと思っていた階段幅が吹き抜けがあることでそんなに気にならない感じです。

彫刻手摺がつくとまた感じがちょっと変わると思いますが、シースルー?状態になるのでそんなに圧迫感が出るということはないのでは?と予想しています。

他にもさりげなく担当設計士さんがアドバイスしてくれた部分が生きているものがあり、やはりプロだなぁと改めて感心しているトンカツ&オットです♪



[←前の記事へ] [↑一番上へ] [次の記事へ→]
[家づくりでゴキゲン!トップ]


inserted by FC2 system